HOME   

「学研高山第2工区のあり方を考える生駒市民の会」(略称、市民の会)は、学研高山第2工区(略称は第2工区/別名は奈良高山里山)の保全活用事業(保全活用ビジネス)の推進を提案しています。 

第2工区(奈良高山里山)の保全活用事業(ビジネス)について】

(1)第2工区における社会課題解決型(里山保全活用)事業(ビジネス)の展開案

本文(随時改訂).pdf   簡略版.pdf別紙「ゾーニング試案」  

(2)(1)を打ち出すためのメモと、(1)の元になった第2工区における里山保全活用案 

(3)(1)についての参考資料  里山保全活用事業(ビジネス)の創設・展開に役立つ事例

(4)「里山保全活用事業(ビジネス)」は、地権者被害(※)を解消することで、地権者と非地権者市民・行政との間の「利益相反」を解決する取り組みでもある。

    (※)地権者被害・・・自己の所有する土地を有効に用益(それを用いて収益を上げること)・処分(売買・貸与して収益を出すこと)できないこと。

(5)里山保全型事業(ビジネス)は、「ポストコロナ社会の構築」の柱たるソーシャルビジネスご参照)のモデル事業となります。

第2工区に関する資料・情報第2工区の経過など)】

一般的な里山保全活用 参考資料

第2工区に関する、本HPを開設するまでの資料・・・このページ<リンク>にもあり 】

里山について、本HPを開設するまでの資料・・・奈良高山里山研究会のHPにもあり】

新着情報(降順)

<2020.10. 7>第5回学研高山地区第2工区まちづくり検討会(14:00より/市役所4階 大会議室/傍聴可)

<2020. 7. 7>第4回学研高山地区第2工区まちづくり検討会ミラー報告記事.jpg

2020. 2.27>第3回学研高山地区第2工区まちづくり検討会 ミラーお知らせミラー

<2019.12. 4>第2回学研高山地区第2工区まちづくり検討会 ミラー報告記事.jpg

<2019.10.11>第1回学研高山地区第2工区まちづくり検討会ミラーお知らせ.jpg報告記事.jpg / 報告記事.jpgお知らせ記事

<2019. 6.27>第2工区における里山保全活用事業は、ひきこもりからの就労問題の解決に寄与できるでしょう(ご参考)。

19(H31). 5.18(土)>第2工区徒歩現地見学会(当会が提携している大事なことは皆で考え決めよう会が主催)<お知らせチラシ.pdfいこまち.jpg市のお知らせミラー

<19(H31). 2.11>本会の今年度のマイサポ事業は、「第2工区での里山保全活用型ビジネス創設に向けた参考事例見学調査」で、2月11日には、当会作成の第2工区における社会課題解決(里山保全活用)型事業(ビジネス)の展開案<全文>(随時改訂)を資料にした「『高山里山=高山第2工区』のあり方を考えるつどい」を実施(ご案内.pdf案内チラシ.pdf広報「いこまち」/イコマニア・イベントミラー)。

<19(H31). 1.14>市環境モデル都市推進課主催「ファンドレイジング入門講座」(ご案内.pdf記者会見資料.pdf

<19(H31). 1.12>本会の今年度のマイサポ事業は、「第2工区での里山保全活用型ビジネス創設に向けた参考事例見学調査」で、1月12日には、これまでの参考事例見学調査や学習会に参加された方々を参加対象にした、当会作成の第2工区(奈良高山里山)の保全活用について.pdf を資料にした「第2工区のあり方を考える学習・意見交換会」を実施(ご案内.pdf)。

<18(H30).12.19>山口美知子氏(滋賀県東近江市森と水政策課)講演会「地域資源と経済循環を活かしたまちづくり」(市のHPミラー案内チラシ.pdf記者会見資料.pdf)に参加

<18(H30).12.19>本会の今年度のマイサポ事業は、「第2工区での里山保全活用型ビジネス創設に向けた参考事例見学調査」で、12月19日には、これまでの参考事例見学調査や学習会に参加された方々を参加対象にした第2工区徒歩見学会を実施<この地図.pdfの⑦⑧⑮⑯⑰を除く部分を歩きました>。

<18(H30).12. 1>第2工区現地調査

<18(H30).11.12>本会の今年度のマイサポ事業は、「第2工区での里山保全活用型ビジネス創設に向けた参考事例見学調査」で、11月12日には大和郡山市の「自然農園 アイビィファーム」の見学調査を実施しました(ご案内チラシ.pdf広報「いこまち市のHPミラー)。

<18(H30).11. 3>五桂池ごかつらいけふるさと村見学

<18(H30).10. 5>河瀬直美監督の講演会「里山資本を活かした地域づくり」ご案内チラシ.jpg 


<18(H30). 8.22>今年度のマイサポいこま団体別 届出結果が公表されました。

<18(H30). 8.25(土)>本会の今年度のマイサポ事業は、「第2工区での里山保全活用型ビジネス創設に向けた参考事例見学調査」で、8月25日には大阪府能勢町の「冒険の森」の見学調査を実施します(ご案内チラシ.pdf広報「いこまち」市のHPミラー)⇒台風20号が到来しましたが、前日の午前には去り、曇りだが雨にはならないとの天気予報にもかかわらず、現地到着とともに雨に見舞われ、ロングジップライン等の体験・見学を、雨中で実施し、ほどなく雨は止み、体験・見学を無事に終了しました。

<18(H30). 7.29(日)>本会の今年度のマイサポ事業は、「第2工区での里山保全活用型ビジネス創設に向けた参考事例見学調査」で、まず、7月29日にびわ湖バレイのジップライン・スカイウォーカー等の見学調査を実施します(ご案内チラシ.pdf広報「いこまち)⇒台風12号の到来により、8月7日(火)に順延して実施し無事終了しました。

【新着情報(降順)】 <続き>

【新着情報(降順)】<続き>

<18(H30). 7.16>伊賀の里もくもく手づくりファーム(三重県伊賀市)<紹介記事>見学

<18(H30). 6>   学研高山地区第2工区まちづくりニュース 第2号.pdf

<18(H30). 6.23>株式会社西陣屋九条ねぎに賭けた起業の夢.pdf)<京都府亀山市>現地調査

<18(H30). 6. 3>信貴山のどか村(奈良県三郷町)見学

<18(H30). 5.12>「第2工区のゾーニング」(素案)<【第2工区(奈良高山里山)の保全活用】に掲載>を作成しました。 

<18(H30). 5. 9>2018年 関西 農業ワールド セミナー<~18(H30). 5. 8>

<18(H30). 5. 8>研究開発型施設(オムロンのAI研究部門)が、人材確保のため学研都市(木津川市)から東京へ移転、その他の研究開発型施設も東京へ、との報道(報道記事.pdf)・・・第2工区の開発(研究開発型施設の集積を予定)に警告音が鳴る

<18(H30). 5. 4>花の郷 滝谷花しょうぶ園(宇陀市/3.3ha/花の郷滝谷花しょうぶ園有限会社)<HP紹介記事.pdf記事>見学

<18(H30). 4.16>本会の新年度事業をマイサポ(生駒市市民団体活動支援制度)に登録する申請事業計画書.pdf予算書.pdfを添えてららポートに行いました。

<18(H30). 3.25>SATOYAMA JAPANの活動地(南生駒)のを見学

<18(H30). 3.21>NPO法人こども環境活動支援協会(LEAF)が運営する甲山自然環境センター甲山・社家郷山.pdfを見学

<18(H30). 3.20>本会の(マイサポ)支援対象事業に係る実績報告書このページに掲載)を市民活動推進センター(ららポート)に提出
<18(H30). 3. 3>田中淳夫氏講演会「里山との付き合い方、教えます!」に参加・・・いこま棚田クラブの公開講演会 開催される「自然と仲間」178号より)
 
<18(H30). 2.11>第2回「“奈良高山里山=第2工区”のあり方を考えるつどい(学習・意見交換会)」いこまち)<配布資料⇒集会チラシ.pdf提案文書(パワーポイント版).pdf活動紹介記事.pdf>  提案文書をパンフにしたもの⇒パンフ「学研高山第2工区のあり方~社会問題解決型(里山保全活用型)ビジネスの展開を!~

<17(H29).12>   学研高山地区第2工区まちづくりニュース 創刊号.pdf 

<17(H29).12.17>里山保全活用先進地(木津北地区)見学会里山保全活用先進地見学会 ご案内.pdf広報「いこまち」ららだより.pdf)・・・地図「木津北(鹿背山)地区のメインルートとアプローチルート.pdf」に示された次の場所を徒歩で巡り見学します(丸囲み番号は、里山保全活用活動団体の活動場所)。

  JR木津駅→奈良市浄水場付近の里山入り口→①・②・③→八王子恵比須神社→④→観音寺峠→⑤→⑥→旧木津小鹿背山分校→⑥→⑦(鹿背山城跡)→JR木津駅

【17(H29).11.26】環境基本計画策定キックオフセミナー.pdf<基調講演「持続可能な地域づくりのカギとなる資金循環のしくみ」>

【17(H29).10.16・17】㈱日本エコシステムのエミュー飼育事を見学したあと、㈱日本エコシステムの指導により実施されている  (株)きやまファーム  エミューの飼育から加工・販売の一貫経営エミュー放牧で農地再生<日本農業新聞 2015年11月15日>)を見学<最寄り駅は、JR二日市駅より4つ目のJR基山駅(地図)。>

【17(H29). 9.13】第6回第2工区まちづくり検討有識者懇談会がとりまとめた「有識者懇談会とりまとめ」が公表されました(経過ご参照)。

【17(H29). 8.27】藻谷浩介氏講演会「生駒の、その里山の未来!」 講演資料報道記事ミラー

【17(H29). 6.17】本会のマイサポ登録事業「生駒北部にひろがる里山の学研高山第2工区のあり方を考えよう!」(市HPのイベント・催し物欄に掲載ミラー広報「いこまち」市(ららぽーと)のツイッターイベント情報ミラーイコマニア・イベントミラー藻谷浩介・山田桂一郎ミラー)・・・これを選択・届出していただける方はマイサポいこま(マイサポ応援チケット)届出フォーム 入力画面へどうぞ。  2017年 私たちのマイサポ登録事業へのご支援、ご参加をお願いいたします!.pdf


【17(H29). 2. 4】ららまつりにて、「第2工区のあり方(第2工区をどうするのか)」を皆で考えよう!.pdfを配布(実際に配布したのは白黒版)

【17(H29). 1.28】 「奈良高山里山=高山第2工区」のあり方を考えるつどい : 討議資料は、大事なことは皆で決めよう会作成・発行の自由使用パンフ<学研高山第2工区のあり方(その2)>を使用しました。

予告>(無事に終了いたしました。ありがとうございました。)

「奈良高山里山=高山第2工区」のあり方を考えるつどい

日時 : 17(H29)年1月28日(土) 13時30分~15時30分

主催 : 学研高山第2工区のあり方を考える生駒市民の会

場所 : セイセイビル内 コミュニティセンター

内容等の詳細 : ご案内.pdf広報「いこまち」掲載案内



【16(H28).11. 3】国営“あいな里山公園”里山体験会

 ~旅行業法は「旅行業又は旅行業者代理業を営もうとする者は、観光庁長官の行う登録を受けなければならない。」と義務付けており、観光庁長官の行う登録を受けていない者が「参加費を徴収するツアー」を「ツアー」という語句を付して実施すると、旅行業法が定義する「旅行業」を無登録者が行なっているとの誤解を招く恐れがあることが分かりましたので、マイサポ事業の実施行政機関である市民活動推進センターとご相談した結果、「里山体験ツアー」を「里山体験会」と言い換えて実施いたしました。ご理解をお願いいたします ~

【16(H28). 9.30】「国営“あいな里山公園”里山体験会」のご案内を、①いこまち(16年10月1日号)市HPのお知らせミラーららだより(16年9月30日号).pdfでしていただきました。

【16(H28). 9.20】マイサポ団体への支援金の交付金額が決定しました。

【16(H28). 7. 2】マイサポいこま博覧会 : チラシを2種類(ご支援・ご参加お願いあいな里山公園リーフレット)配布します。 

【16(H28). 7. 1】マイサポいこま選択の届出受付(~【16(H28). 8.12】)。 本会の登録事業「国営“あいな里山公園”里山体験ツアー」へのご支援・ご参加をお願いいたします。

【16(H28). 5.28】国営明石海峡公園神戸地区(あいな里山公園)が第1期開園

【16(H28). 5.16】マイサポいこま審査会⇒審査の結果、本会のマイサポ事業「国営“あいな里山公園”里山体験ツアー」<↓下に掲載の文書(クリックで拡大)>がマイサポ対象事業に登録されました。


本会のマイサポ事業37 番号入り.jpg

【16(H28). 4. 1】マイサポ団体(事業)の募集ミラー(~【16(H28).4.20】)

【16(H28). 2.24】残念ながら2月臨時議会で請願書は採択されませんでした。

【16(H28). 2.15】学研高山第2工区内における独立行政法人都市再生機構の所有地の無償移管に関する請願書を提出しました。

【新着情報(降順)】ここから

第2工区の経過(降順)

              【主な経緯(国土交通省)】 

 ~これ以後は、このページへ~

【19(R 1).12. 4】第2回まちづくり検討会 

【19(R 1).10.11】第1回まちづくり検討会 

19(R 1). 6. 9】地権者の会2019年度総会

【18(H30).11.17】地権者の会設立総会

【18(H30).11.14】「学研高山地区第2工区まちづくり基本調査業務」の受託候補者にURリンケージ西日本支社奈良営業所が決定(建設ニュース

【18(H30).10.15】市は、「学研高山地区第2工区まちづくり基本調査業務」の公募型プロポーザルを公告(建設ニュース

【18(H30).3.15】5回にわたる学研高山地区第2工区地権者勉強会(意見交換会)~【18(H30).5.19】<第2工区まちづくりニュース 第2号.pdfご参照>

 【17(H29).11. 4】第2工区まちづくり検討有識者懇談会とりまとめ 報告会ミラーお知らせ記事.pdf報道記事.jpgこの報告会でのアンケート.pdf)<第2工区まちづくりニュース 創刊号.pdfご参照>

【17(H29). 9.13】第6回第2工区まちづくり検討有識者懇談会ミラー>がとりまとめた有識者懇談会とりまとめ.pdfとりまとめの紹介.pdf)が公表された(朝日記事.jpg毎日記事.jpg読売記事.jpg産経記事.jpg奈良記事.jpg/日経記事なし)。

【17(H29). 1.13】URは、「高山地区用地関連図書再整理等業務 一般競争入札公告」を掲示(掲示文.pdf入札説明書.pdf仕様書.pdf

【16(H28).11.17】第2回第2工区まちづくり検討有識者懇談会ミラー

【16(H28). 9.14】9月定例会にて、吉波が一般質問「学研高山地区第2工区のまちづくり検討について」(報告報道記事.jpg

【16(H28). 9.26】市は、第1回第2工区懇談会の会議録を公開(報道記事.pdf)。

【16(H28). 8.31】第1回第2工区まちづくり検討有識者懇談会この懇談会についての記者会見資料.pdf予告記事報道記事

  〇参加者(委員)<敬称略> : 伊藤忠通 (奈良県立大学学長)/増田 昇 (大阪府大教授)/松中亮治 (京大准教授)/<座長村橋正武 (立命大上席研究員)/横矢直和 (奈良先端大副学長)/瀬渡比呂志(学研都市推進機構常務理事)/副市長

  〇非公開(なぜ非公開?.pdf

【16(H28). 8. 2】(株)URリンケージ西日本支社が受託候補者に決定

     この受託候補者は、東京都町田市の「北部丘陵地域まちづくり基本計画」策定業務を委託している(このページ業務紹介をご参照)。

【16(H28). 7. 5】第2工区検討組織運営支援及びまちづくり検討業務に係る公募型プロポーザルミラーの公告(提出期限は同年7月25日)

   提供資料 : ①第2工区の将来のあり方  ②中間とりまとめ  ③最終とりまとめ案  ④最終とりまとめ案の土地利用計画案作成にいたるCADデータ  ⑤高山地区第2工区 航空写真データ  ⑥UR所有地 位置図

【16(H28). 5.27】高山地区土地購入契約に係る措置にかかる監査結果.pdfの告示 <13(H25).11.11~16(H28).2.24の詳細経過記述あり

【16(H28). 4.15】付の広報いこまに「学研高山第2工区のこれから」が掲載。

【16(H28). 4. 1】市は、学研高山第2工区(URニュータウン事業中止地域)に係る施策を担当する部署として、都市計画課内に「学研推進室」を新設した。今後、これを「学研高山地区保全推進室」と呼んだ方がよいものにしていきたいものである(京都府木津川市は、同じURニュータウン事業中止地域である木津北地区に係る施策を担当する部署として、都市計画課内に「木津北地区保全推進室」を設置している)。

16(H28). 3】市は、URとUR保有地の売買契約を締結

【16(H28). 3.25】3 月定例議会で、開発目的で第2工区内のUR所有地を取得する議案が可決されましたが、今後の生駒市にとって大切なのは第2工区(里山)破壊をやめ、生物多様性の保全・活用を実現できるかどうかだと思います。

  この議案が可決された日の市長の日記 : 第2工区のポテンシャル(時代錯誤的な生産力を高める産業施設集積力)を活用するため開発することを表明。

  この議案が可決された日の吉波の日記.pdf : 第2工区のポテンシャル(私たちの暮らしに生物多様性のめぐみを与える力)を活用することがこれからの生駒市には大切であることを記す。

  ご参考:請願書2月臨時議会)→第2工区のUR所有地取得のための補正予算に対する反対討論同左)生物多様性の保全と持続可能な利用についての一般質問3月定例議会第2工区のUR所有地を取得する議案に対する反対討論(同左)

【16(H28). 2.24】2月臨時議会学研高山第2工区内の都市再生機構(UR)所有地の取得に関する補正予算議案が可決され、同請願書が不採択となった。

 それを受けて市長は、「開発中止という方針を撤回」「開発を進める」と明言しました(市長日記ミラー)。しかし、里山の破壊は、多くの人々に深い悲しみと苦しみを与える.pdfことに思いをいたさなければなりません。

 また、市のHPに第2工区のUR所有土地取得についてが掲載されました。

【16(H28). 2.19】2月臨時議会にUR所有地取得の補正予算案提案(報道記事

【16(H28). 2.17】市は「学研高山第2工区内のUR所有地の取得へ」を正式に表明(報道記事.pdf報道記事.pdf報道記事.pdf)。

【16(H28). 2.13/.17】「学研高山第2工区内のUR所有地を市が取得へ」が報道されました(報道記事.pdf報道記事.pdf)。

【16(H28). 2. 5】第7回学研高山地区第2工区庁内検討会議が検討内容をとりまとめた(学研高山地区第2工区の将来のあり方に関する検討結果.pdf)。

【15(H27).10.22】これ以降16(H28).2.5まで、7回の学研高山地区第2工区庁内検討会議(検討経過及び検討内容.pdf

【15(H27). 6.12】市は、6月定例議会にて「14(H26)年3月に、工区の約6割に当たる約160ヘクタールを所有する都市再生機構(UR)から、所有地を譲渡する申し出があった」ことを公表(報道記事.jpg)。

【14(H26). 3】URから所有地譲渡の申し入れ・協議開始<このことについて、15(H27). 6.12まで非公表>

~これ以前↓~

UR所有地譲渡申し出公表<15(H27). 6.12>以前(リンク)

~「学研高山第2工区 都市計画道路 高山南北線」の経過はこちら

里山豆知識

◎毎年2月になると、菜の花を見たい気持ちで、心がいっぱいになってしまう・・・・・春は、黄色とともにやってくる。ロウバイにマンサク、福寿草にサンシュユ・・・・・春の訪れを告げる花がなぜ黄色いのか・・・・・花は色を持つことで、動物や昆虫との関係を強め、より効率的に子孫を残します。だから、ミツバチのような紫系統の花を好む昆虫が多い温帯ででは青や紫色の花が多いし、チョウや鳥など赤系統が好きな動物や昆虫が多い熱帯では、赤系統の花が多い・・・・・一方、気候に関わらず世界中で多いのが、特定の動物との結びつきがあまりない、黄色や白の花・・・・・早春はまだ活動している昆虫が少ないため、花も黄色い方が多くの昆虫を集めることができ、有利だと考えられている・・・・・。<この記事ミラーより>

資金調達     

社会的投資(ソーシャルイノベーション)・・・社会課題(社会問題)解決のための事業への投資
(1)NPOや企業によるもの
  ①社会的責任投資<SRI/Socially Responsible Investment/株式や債券に対して社会性に十分配慮した投資を行おうとするが、通常の投資と同レベルの経済的リターンも求める。>
     グリーンボンド(生物多様性の保全への投資あり)はこの1種
     Environment(環境)・Social(社会)・Governance(企業統治)の3つが特に重要視されるようになった近年では、社会的責任投資(SRI)を、この3つを重視するESG投資と呼ぶようになっている(ご参照)。
  ②インパクト投資<①が金融市場で取引可能な株式や債券に限定するのに対し、非上場のそれらも含めて投資を行い、大きな社会的インパクト(成果)が見込まれる場合は通常の投資よりも低い経済的リターンも受け入れる。>
     ソーシャルインパクトボンド・・・インパクト投資の1つ

  ③ベンチャー(冒険的な企て)・フィランソロピー(人類への貢献)<VP/Venture・Philanthropy/①と②が元本の償還を前提とする投融資の形で行われるのに対し、社会的インパクトの創出を目的に、寄付金を主な収入源とする非営利組織や、事業収益と寄付が併存する社会的企業を主な投資対象とし、経済的リターンは求めない寄付や助成金といった譲渡性の資金の提供と経営支援を行なう。>

(2)寄付・・・経済的リターンは求めないで、社会問題の解決という社会的リターンを得るための投資といえる。

  〇「市場で商品を売って代価を得るという関係とは別に『この企業にはぜひ存続してほしい』という人たちを『サポーター』として集め、その寄付によって企業活動を継続」<この文書より>
  〇地域創造基金.pdf<(頼まれれば寄付をする市民も多いので)市民から寄付を集めて基金とし、社会課題解決事業の財源とする。>/持続可能な地域づくりのカギとなる資金循環のしくみ.pdf<深尾昌峰ふかおまさたかさんの講演(2017.11.26/市役所4F)の内容に加筆をして作成> / お金の流れから地域と社会を変える   〇寄付白書 2017
  〇多様な寄付メニューあり・・・遺贈/大口寄付/マンスリーサポーター制度/キャンペーン型/一口館長・記念日寄付などネーミングの工夫・機会の活用/チャリティーグッズ(各団体オリジナル、JAMMINなどとの連携など)の販売/チャリティーパーティーなどのイベント実施、地域や他団体のイベント出展/もったいない系寄付(古本・衣類・不要はがき等)/募金箱/社会貢献型自動販売機・企業からの支援(協賛・社員参加・寄付つき商品・支援プログラム)/イエローシートキャンペーンへの参加(毎月11日店舗での実施)/インターネットをい利用したクリック募金/クラウドファンディング、寄付のプラットフォームの活用/「かざして募金」など携帯電話料金とあわせて/ネット募金、など。

(3)クラウドファンディング(ソーシャルファンディング)

  ①4類型ある・・・購入型(モノやサービスのお返しがある)/寄付型(お返しがない)/融資型(利子が受け取れる)/投資型(配当がもらえる/株式投資型クラウドファンディング

(4)ソーシャルレンディング(投資型・貸付型クラウドファンディング)

補助金・助成金

(1)国庫補助事業   ①農林水産省 補助事業参加者の公募  ②森業・山業創出支援総合対策事業(林野庁)








(3)民間
 ②宝くじ緑化事業   ③緑の募金(国土緑化推進機構)
低利融資制度
(2)農林漁業金融公庫の低利融資   (3NPOバンク   (4)匿名組合出資(小口ファンド)
【4その他
】以上のような資金を集め、団体や活動の理解者・支援者など「仲間」を増やすことをファンドレイジングという
【6参考

里山保全活用(型)事業=里山保全活用(型)ビジネス 

里山の保全活用とは
(1)保全するとは・・・開発はしないで、同時に荒廃も防ぐこと。
     開発しないとは・・・地形の改変(山を削り、谷を埋めること)をしないこと。道路は、新設しないで、既存のものを舗装しないで活用する。それを適正に拡張するのは構わない。伐採は、地形の改変ではないので構わない。むしろ、伐採するのが里山保全になる。

(2)活用するとは・・・里山の恵みを生かし、享受すること。里山の耕作放棄地の有効利用も含む。

里山保全活用の手法
(1)あまり手を加えないで保全活用する・・・遷移せんい誘導型管理

     これは、順調な遷移(里山が原生林に戻っていくこと)を阻害するツルの繁茂等を排除する程度の管理を加え、あとは自然の遷移にまかせることで生物多様性を維持し、その恵みを享受する手法。

(2)人力により手を加えて保全活用する・・・里山保全活用活動

(3)最小限の機械力により手を加えて保全活用する

 ①里山保全活用型公共事業  ②里山保全活用(型)事業=里山保全活用(型)ビジネス

里山保全活用(型)事業=里山保全活用(型)ビジネスとは
(1)里山を保全活用することで適正(適度)な利潤(収益)を獲得する事業(ビジネス)・・・自然共生(非開発)型ビジネスともいう

(2)社会課題解決型事業(社会課題解決型ビジネス/ソーシャルビジネス)の1つで、里山ビジネスともいう。
    社会課題解決型事業(ソーシャルビジネス)とは
     ①社会課題(社会問題)の解決を目的とした事業(ビジネス)   参考 : サステナビリティ経営(社会の持続可能性に配慮した経営)ミラー

(3)里山資本主義の実践。里山資本主義とは、巨大資本ではなく地域資本(地域のお金・人材・資源)が地域経済(地域の人々の幸せのために人材・資源が活用され地域でお金が循環すること)を動かすこと。

(4)地権者被害(所有地を有効に用益・処分できないこと)の解決と里山の保全(自然破壊の防止)の両立を実現するもので、また、行政にとっても地域経済循環率の向上や税収と雇用の増大をもたらす歓迎すべきものであり、地権者・市民・行政の3者にとって喜ばしい、CSV(Creating Shared Value/共通価値の創造/三方よし)の事業手法である。
   公益資本主義の理念<株主の利益のみを優先するのではなく、顧客・取引先・地域社会などの利害関係者(ステークホルダー)全般への貢献を重視する>と共通する理念(共通価値の創造)の実現をめざすものといえる・・・みんなを幸せにする「公益資本主義」とは何か

(5)コミュニティビジネスの実践。コミュニティビジネスとは、利益を追求することにより社会貢献をすることになる事業ではなく、事業自体が「地域社会のニーズを満たす有償の事業」のこと。

(6)地域資源活用事業の実践ともいえるのではないか。

(7)「“自然”をビジネスに生かす新発想」の実現化ともいえる・・・「“自然”をビジネスに生かす新発想」 (ルソンの壺~4月号~)<NHK/18(H30).4.29>」ミラー役立ちポイントメモ.pdf

(8)「春の山は、花が咲いてまるで山が笑っているようなので『山笑ふ』と言います。夏は、緑が茂って濃くなり緑が滴るようなので『山滴る』。秋になって、紅葉して美しく染め上がった山を『山粧(よそお)ふ』。そして、冬に木々が葉を落として静かに眠りについた山を『山眠る』と言います。日本人は、山と一体になって暮らしてきたことがよく分かります。そこには、自然という大きな命の流れがあって、その一部として人間があるという自然観があります。」(この記事ミラーより)ーーーかかる日本古来の自然観を尊重した(つまり、自然をないがしろにしない)事業といえる。

(9)<・・・・・今の時代はあまりにもものが増えすぎて、便利になりすぎて。欲望に従って世の中が動いている。それぞれのものの価値や尊さが、失われてしまっている。・・・・・私たちの願いは「自然のものに対する畏敬(いけい)の念を持ちながらお仕事をしていただきたい。それをお伝えしたい」ということなんです。・・・・・今の世の中で、自然の命をいただきながらものを作るということは、希少価値ですよね。それを続けていってくださる若い人が一人でも多くいることが、私の願いです・・・・・。>(染織家 志村ふくみ/語る 人生の贈りもの 志村ふくみ 9より)ーーーかかる自然の命をいただきながらものを作るという(つまり、自然をないがしろにしない)事業といえる。

(10)鎌倉資本主義の実践 <鎌倉資本主義を実践することで、生駒資本主義(鎌倉資本主義の生駒バージョン)を構築しよう!>
      鎌倉資本主義・・・「地域経済資本-財源や生産性」「地域社会資本-人のつながり」「地域環境資本-自然や文化」の3点をバランスさせるという概念(ご参照

支援制度等

(1)国



(2)県・市

 ①奈良県高齢者生きがいワーク支援事業   ②農地活用推進事業補助金(青年新規就農者と遊休農地活用事業新規利用者に対する補助金)

資金調達

事業形態

人材確保





【9参考






(6)デザイン思考(デザインシンキング)<デザインシンキング・・・失敗を恐れずなるべく多くの仮説=試作品(プロトタイプ)を作る。ユーザーにヒアリングし壊しては造り直す作業を重ね、最善策に絞り込む手間をかける手法>




持続可能な農業/環境保全型農業/循環型生物共生農業

(1)持続可能な農業(環境保全型農業)

(2)里山里海の生物多様性資源を活かした循環型生物共生農業の構築

(3)参考  土と内臓 微生物がつくる世界.jpg

 

 

生駒市におけるポストコロナ社会の構築

◎新型コロナウイルス発生・伝播の原因と指摘されているのが「自然破壊」 と「都市化(過密化)」。ポストコロナ社会構築の流れは、脱「自然破壊・都市化(過密化)」となっていくでしょう。そんな中で、世界に生駒市の存在感を示していけるのが生駒市「神話と里山の都市」構想 です。この記事この記事の関連記事この記事が参考にした記事ミラー)を読んでも、里山保全活用(=自然を破壊するのではなく活用していく)の大切さがわかります。以上の文章内容はこの記事.jpgによって支持されています。<20.4.21 >

  ☆「自分たちで環境を維持してしか生きられないことを考えれば、もっと丁寧に世界をつくっていいかない長くは保てない。その第1歩は地産地消。地域ごとに自立した地方分散型社会をつくり、緩やかにつながる。」<全文

  ☆「ウイルスが蔓延する時代にどんな社会が強靭な抵抗力をもつのか。まずは自然破壊の手を緩めることだ。」「封鎖が長引けば、食料自給率が4割を切る日本は持ちこたえられない。各地域で自給率を高め、ストックを増やす努力が必要だ。」<全文

  ☆「人間が未開の地にズカズカと入り込み、自然破壊を繰り返したことにより、闇に隠れていた未知のウイルスを掘り出したといえる。」<全文

  ☆海外依存はリスク 食の自給へ転換する時だ

学研高山地区第2工区まちづくり検討会

まちづくり検討会のページ

【19(R 1).12. 4第2回

  次第.pdf意向調査集計.pdf骨格道路について.pdf骨格道路について2.pdf造成の考え方等について.pdf

【19(R 1).10.11】第1回ミラー会議録.pdfまちづくりニュース第3号.pdfご参照)

  次第.pdf要綱・参加者.pdf第2工区の位置づけ.pdf有識者懇談会とりまとめ.pdf第2工区の現況等について.pdfまちづくりの検討体制.pdf

学研高山地区第2工区地権者の会

会則.pdf活動方針.pdf役員名簿.pdf  地権者の会のページ

【19(R 1). 9    】地権者意向調査 

19(R 1). 6. 9】2019年度総会地権者の会だより 第2号.pdfご参照

  次第.pdf活動報告.pdf議案書.pdf講演資料.pdf

【18(H30).11.17】設立総会ミラー> 員519名 参加者101名 委任状283名(報道記事.jpg建設ニュースミラー)<地権者の会だより 創刊号.pdfご参照>

  次第.pdf設立の経緯.pdf設立趣旨.pdf議案書.pdf講演資料.pdf

第2工区に関する資料・情報 

高山地区第2工区のまちづくりミラー生駒市都市整備部学研推進室

学研高山地区第2工区地権者の会ミラー

公益財団法人 関西文化学術研究都市推進機構

    同機構発行パンフ・・・パンフレットけいはんな学研都市新たな都市創造に向けて『新たな都市創造プラン』」(概要版のパンフもあるが、それはWeb上にはアップされていない)

将来的な市の財政負担

第2工区の経過

参考

<1>URニュータウン用地売却についての記事.pdf・・・木津北・東地区だけではなく、伊香立地区(大津市/約48ヘクタール)も里山保全用地として公益社団法人日本ナショナル・トラスト協会へ無償譲渡されています。生駒市は「値切れた」などといっているようですが、第2工区も里山保全用地するといっておれば、無償譲渡してもらえたのです。残念です。

<2>彩都

 〇茨木北部丘陵地域の自然を守る市民会議  彩都開発の破たんと住民犠牲

 〇「彩都や箕面森町の開発は市の財政を破綻させるのか?」ミラー

 〇モノレールの延伸がなくなるけど彩都って実際どうなの?ミラー

 〇彩都東部の土地売れず ニュータウン撤退遅れ 81ヘクタール、民間の造成頼み.pdf

 彩都東部開発UR所有地処分凍結の異常ミラー

 

 

第2工区における里山保全活用事業(ビジネス)の展開案についての参考資料   

【19(H31). 4.12】大型解発に反対し、里山の保全活用を!!<A4 1枚>.pdf

【19(H31). 4. 7】<提言>開発(自然破壊)型事業ではなく、社会問題解決(=里山保全活用)型事業を!<B4 2枚>.pdf      

【19(H31). 3.17】<提言>開発(自然破壊)型事業ではなく、社会問題解決(=里山保全活用)型事業を!<B4 3枚>.pdf付図:奈良高山里山公園(素案)<B4 1枚>.pdf)/同 別紙<B4 2枚.pdf

【19(H31). 1】第2工区のあり方について<A4 2枚>.pdf

【2】

全国の食と農(食の安全/農業振興)   市・県の食と農(農業振興)

農業を魅力的なビジネスへ.pdf

)第2工区の保全活用を考える際には、SDGs(エス・ディー・ジーズ/Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)の15.陸の豊かさも守ろう(陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損出の阻止を図る)という国際的な目標の視点が大切。

温暖化を原因とする気象災害 日本ワースト.jpg・・・温暖化を進める緑の破壊(開発)は避けるべきである。

国連が発表した報告書は、2010年の生物多様性条約の締結国会議で採択された2020年までに達成すべきとされた目標20項目のうち日本が達成できたのは5項目だけと指摘しました(ご参照ミラー)。こんな中で、「生駒市が推進しようとしている、生物多様性を破壊する学研高山第2工区の開発は、人類の将来に責任をとろうとしない、自分達さえよければよいとするエゴイスティックな国際的犯罪行為です。」と批判されても仕方ないでしょう。

)・・・・・植物にも知性がある・・・・・知性とは問題を解決する能力、と定義づけるならば、植物は人間の能力を遥かに超えている・・・・・植物は人間がいなくても生きていける。だが人間は、植物が太陽と共に準備した環境中でしか生きていけないのだ。このことは今後の地球にとって大重要な課題である・・・・・。<この記事.jpgより>

)・・・・・里山の知恵が日本人の知恵の基本・・・・・樹木などの植物を人間の生活にどう生かしていくか。これは、里山の知恵の中にたくさん保存されています。この知恵を新国立(引用者:新国立競技場)に生かしたい。新国立は現代の巨大な建築物ですが、基礎技術は全部里山の知恵にある、ということを世界中にメッセージとして伝えたい・・・・・小さな自然と人間が循環する「里山モデル」という考え方を広げたい。これを発信できるのは、日本しかありません。このモデルが広まることで、世界が持続していけます。世界の環境問題は深刻になっていますが、それを解決するために一番、可能性があるのが、里山モデル・・・・・和の建築が生む、科学的な知恵、例えばひさしを出すと、下には自然に風が通って自然換気になる。空調設備がなくてもすみます。この科学的な日本建築のアドバンテージ(優位性)を世界の人にもっと伝えたい・・・・・。<この記事.pdfより

(8)右肩上がりなどもはや望むべくもない今日では、新しいものを「創造」「発明」するのではなく、既存もの(ありあわせのも・眠っているもの)を活かす「創意」を「発見」することが大切(ご参照.jpg)。つまり、第2工区においては、自動車専用道路や画期的な研究型工場などの工作物を一から作り出すのではなく、既存の里山の恵みを活かしていくことが求められている。

(9)・・・・・「大きな時間の幅で考える人」は、家族やコミュニティー、自然などをどう維持、継承させていくかを意識する・・・・・内山さんが、ふいに問い掛けた。「島根県の高校を訪ねた時のことです。『将来やりたい仕事』を生徒に尋ねた時に圧倒的に多かった職業は何だったと思いますか?」。答えは「人の役に立つ仕事」だった。東京大で講義していた時には「地方移住」の意向を尋ねたことがある。1割の学生が「今すぐ」、「将来的に」と回答した学生が8割に上った。「リストラの不安を抱えながら歯車のように都会で働くよりも、人とのつながりを大切にし、地域に貢献する。そんな若者が増えているのです」 さらに続けた。「ある女子大学生が『私の部屋には冷蔵庫がない』と言うんです。もちろん買えるのだけど。彼女にとっては冷蔵庫がなくても生活できるスキルの方が重要なのです」・・・・・「若い世代から、ソーシャル(社会的)ビジネスや、エシカル(倫理的)ビジネスという言葉をよく聞くようになりました。利益だけを求めるよりも、共生していく方法を現代の若者は選び始めているのです」・・・・・。<この記事ミラーより>


   

里山保全活用事業(里山保全活用ビジネス)の創設・展開に役立つ事例   

プリントアウトに便利なようにPDF版も掲載しています。
里山遊園事業

(1)フォレストアドべンチャー(冒険の森・林間冒険活動) 事業・自然体験事業・森を満喫できるアクティビティー(アスレチック)事業・ツリーハウス事業 ・・・・・ジップライン(林間空中飛行・林間空中滑降) ・ ツリートレッキング(スカイウォーカー/スカイトレッキング/樹上空中歩行/林間空中歩行) ・ ツリーイング(ツリークライミング・空中浮遊・木登り自然体験)   PDF版 : 里山遊園事業(冒険の森事業)の事例  里山遊園事業(冒険の森事業)の事例   里山遊園事業(自然遊園地)の事例  里山遊園事業(冒険遊び場)の事例  里山遊園事業(ながいながいすべり台)の事例
 <1>フォレストアドべンチャー事業
 
  ①日本最大の冒険の森 「Tree Picnic Adventure IKEDA」(福井県池田町)・・・運営会社 : (株)まちUPいけだ(池田町が出資を行う第三セクター)/このページに掲載の航空写真のかずら橋の近くにあり、航空写真を拡大するとジップラインの線が薄っすらと白く写っている/16.4 オープン/JR武生駅から約30分/目玉はメガジップライン(最高高さは60mで日本一、全長は480mと510mの2本で全長約1kmでスキー場以外に作られたジップラインでは日本最大級)/最速は時速約50kmというツバメと同じぐらいの速さ/コース途中に木でできた動物の置物を3体設置、木と間近にすれ違う箇所を複数設置。創設事情ミラー

  ②(株)冒険の森が運営する4カ所の冒険の森<体験を売る〔冒険の森〕

    冒険の森 in やまぞえ(左より抜粋.pdf)<私有地活用/( )ha/航空写真>/冒険の森 in いとしろ<(  )地活用/( )ha/航空写真>/冒険の森 in ひるぜん<市有地活用/6ha>

    冒険の森  in  のせ<町有地活用/8ha/航空写真>・・・能勢に出来た大型アスレチック 冒険の森  in  のせ  この動画の19:00~23:00 ・ ジップラインは、536m、落差30m、最高速度60km、ラスト200mは池の上
  ③フォレストアドベンチャー(直訳すると「冒険の森」/全国に28ヵ所/栗東・丹波ささやま共公共交通機関なし)<(株)フォレストアドベンチャー >/スウィートグラス・アドベンチャー(北軽井沢)<(有)きたもっく

 <2>アクティビティー(アスレチック )事業

  ②全国のジップライン・・・その1その2

  ③ツリーイング

   〇TMCA(Tre Master Climbing Academy)近畿・中国・・・NPO法人「ツリーマスタークライミングアカデミー」 の近畿・中国ブロックに属すいくつかのツリーイング実施団体のイベントが掲載されている。その団体には、次のようなようなものがある。
     ・(株) 二升五合(事業名はエバーグリーン)・・・ツリーイング紹介記事.pdf

     ・Water Ground Mountain・・・車椅子のツリーイングも実施


<3>ツリーハウス事業

 ☆ツリーハウスについて(株)ツリーハウスクリエーション(ツリーハウス制作のプロ集団)

 ①北軽井沢スウィートグラス(群馬県長野原町)  ②千年の森自然学校(長野県大町町)  ③森の空中基地くすくす(静岡県熱海市)  ④サンタヒルズ  (栃木県那珂川町)  ⑤田島(長崎県西海市)  ⑥バルンバルンの森(大分県中津市)  ⑦ホウリーウッズ久留里キャンプ村(千葉県君津市)  ⑧ツリーハウスvillageおだぎり(栃木県那須町)  ⑨岩瀬牧場(福島県鏡石町)  ⑩館ヶ森アーク牧場(岩手県一関市)   ⑪近大建築学部有志製作.jpg

<4>ながいながいすり台事業

 ②奥日立きららの里(茨木市日立市)のわくわくスライダー・・・長さは1188mで日本一/スレッドと呼ぶそり風の乗り物の座り、ステンレス製のコースを失走し、時速は最高で30kmで、視界が低く地面に近いため体感速度は自動車以上。

(2)親水遊園・・・全国のボート遊びおでかけスポット岡山県浅口市の藤波小池(0.4ha)>/井の頭恩賜公園いのかしらおんしこうえん/(43ha/うち、井の頭池は4.3ha) ィ

(3)日本初の森の空中あそび「パカブ」<神奈川県南足柄市「足柄森林公園 丸太の森」内/運営:足柄グリーンサービス森林公園有限責任事業組合>
(5)エクストリーム・アベンチャーズ(フランス発祥)⇒白馬つがいけ ワォ! (が日本に初めて導入)・・・次の9つのアクティビティーがある。

  ①アミダス(空中網のアクティビティー)  ②コギダス(空中自転車のアクティビティー)  ③ポチャダス(池のアクティビティー)  トビダス(トビダスタワーのアクティビティー)・・・④高所から飛降りる/⑤中所から飛び降りる/⑥低所から飛び降りる/⑦池に飛び出す/⑧地面に飛び出す/⑨カべダス(トビダスタワーの壁を登る)

都市型農業(アーバンファーム)経営事業<参考>・・・従来の慣行農業(農薬・化学肥料を使用した農業)ではなく、有機農法・自然農法・自然栽培・不耕起栽培で栽培した安全・安心な農林産物(コメ・野菜・果樹、付加価値の高い農林産物)を安全・安心な農林産物を求める都市住民に宅配・里の駅等で直販/養蜂なども。この事業を、持続可能な農業/環境保全型農業/循環型生物共生農業の事業として推進する。   PDF版 :  都市型農業経営事業(自然栽培)の事例  ソーシャルビジネスとしての都市型農業経営事業(有機農業)事業の事例  都市型農業経営事業(環境保全型農業)の事例   小規模農業(都市型農業経営事業の新たな形)  都市型農業経営事業(付加価値の高い農産物の製造販売)の事例  都市型農業経営事業(養蜂)の事例



   「葱王」(株式会社ティー・エスファーム )・・・ その1.pdfその2その3
 ⑦えと菜園(熊本県合志市と神奈川県藤沢市)<HP FacebookTwitter>/農業生産法人株式会社GRA (宮城県山元町)/株式会社農夢(のうむ) (京都府綾部市)/竹岡農園(新規就農者が作った農園/兵庫県丹波市)
 ⑨ (有)コスモファーム(小規模・新規就農でも農業に夢がもてる農業の実践・農産物の生産と販売/高松市)/オーナー制度NPO法人農スクール(農福連携/神奈川県藤沢市)/アルファイノベーション(株)(新規農業参入6年、独自の農福連携展開でネギ栽培10ha!/埼玉県白岡市)/中嶋農園(売り上げ1億円をめざす農業を)
 ⑩ブルーベリー栽培・・・ブルーベリーファームおかざき(ブルーベリーの楽園/愛知県岡崎市)

 ⑪お茶栽培・・・いいとこ和束わづか~茶源郷~(京都府和束町)/有限会社姫野製茶 ミラー(京都府和束町)


 ⑬こけの栽培・販売/山菜の栽培・販売  ⑭体験農園マイファーム<自分でつくって自分で食べる 有機無農薬の野菜づくり>



 ⑲デジタル農業の導入ミラー   ⑳生駒高山クラインガルテン村オギタ農園.jpg



 ㉓果樹⇒ギフトに特化ミラー袋入りカットりんご<ミラー>

 ㉔秩父のウイスキー/トチノの実からトチもち/カエデからつくったシロップでケーキ

 ㉕ふるフル生アイスのヘーゼルナッツ ミラー

 ほとんど手間なし養蜂ミラー

 ㉗小規模農業(都市型農業の新たな形)

 *参考・・・「音」で害虫だまし討ちミラー

農業公園(アグリパーク)事業

 ①みどり農園(京都府井手町/JR山城多賀駅から徒歩15分/案内)<井手町と提携ミラーミラー/さつま芋農園あり>


 ④動物牧場もある農業公園・・・後述

育ち・学びの場事業・・・里山学校・里山保育園・里山幼稚園・里山子ども園・里山キャンパス・自然の家・自然学校(キャンプ・ツリーイング・自然体験等)等


キャンプ場・グランピング(キャンプやバーベキューが、準備がいらず、手ぶらで楽しめる)・エコツアー事業


里山ガーデン事業・・・花しょうぶ園・菜の花畑大迷路・れんげの大草原など。   PDF版 :  里山ガーデン事業(花しょうぶ園)の事例  里山ガーデン事業・里山公園事業の事例

(1)①里山(画像検索)里山ガーデン(画像検索)花の見晴らしデッキ(画像検索  ②第33回 全国都市緑化よこはまフェア・・・第33回 全国都市緑化よこはまフェア 里山会 里山ガーデン・ 「森の空中散歩道」へと続く「花の見晴らしデッキ」Glamping Site (グランピングサイト)ミラー(横浜市)  ③花の郷 滝谷花しょうぶ園(宇陀市/3.3ha/花の郷滝谷花しょうぶ園有限会社)<HP紹介記事.pdf記事>  ④春を感じるお出かけスポット19選【関東近郊】  ⑤あわじ花さじき(兵庫県淡路市)  ⑥観光農園「花のじゅうたん」 (三田市/約60種のシバザクラ)

(2)(参考事例) <ソバ畑>ソバの花畑.jpg(京都府美山町)  <ひまわり畑>休耕田にひまわり畑.jpg(京都府与謝野町)  <菜の花畑>「花の里」.jpg (宇陀市室生)/菜の花の迷路  <ルピナス畑>加古川市志方町のルピナス畑ミラー動画)  <ユリ>雪美人プロジェクトミラー(新潟県津南町)
体験事業
(1)里山生活体験事業・・・国営“あいな里山公園”

(2)自然体験事業・・・かずさの森
(3)体験農園・・・えと農園紹介記事
里山レストラン・里山カフェ・里山食堂事業
(1)まほなび 里山レストラ<奥大和16軒/古民家(または、町家・昭和初期洋風建築)改修+地産・地元・自家・伝統食材+有機・無農薬・無添加>/農園 杉・五兵衛(枚方市)/産山うぶやま 農家レストラン 山の里(熊本県産山村)/里山フレンチレストラン「ひわの蔵(兵庫県篠山市)/叶 匠壽庵 寿長生すないの郷(滋賀県大津市大石龍門)
(3)里山食堂の参考事例・・・岡山県美咲町(人口約1万5千人)の「食堂かめっち。」の「黄福こうふく定食」
  ①350円/卵かけご飯(ご飯1杯に卵1個のセット)にみそ汁と漬物が付く(ご飯1杯に卵1個のセットは食べ放題)。
  ②自宅で食べられる料理を「わざわざ食べに行く」面白さが受け、08年1月から18年1月の10年間に、国内外から計72万人が来店した。
  ③72万人÷10年=7万2千人/年×350円=2,520万円/年÷12=210万円/月÷30=7万円/日
 7万2千人÷12=6千人/月÷30=200人/日
  ④ほとんどの人が2~3セットお代りするので利益率は高くないが、北海道や台湾などの遠くからも観光客を呼ぶことができており、美咲町の知名度が上昇。

酪農・牧場事業   PDF版 :  酪農・牧場事業(エミュー事業)の事例

(1)エミュー牧場

 ①オホーツクエミューランド(北海道網走市)/株式会社東京農大バイオインダストリー(北海道網走市)/

 ②日本エコシステム(株)<福岡県筑紫野市>・・・エミュー事業エミューで地方創生

 ③(株)きやまファーム(Web検索)<佐賀県基山町>・・・エミューの飼育から加工・販売の一貫経営/エミュー放牧で農地再生(紹介記事.pdf)/最寄り駅は、JR基山駅(地図


(2)動物牧場・・・大阪府立農芸高等学校資源動物科 (将来的には、アルパカ・ポニー・ヒツジ・ヤギ・ミニブタ・チンチラ・ウサギなど15種類の動物を飼養している同校同科に求人票を送れるような事業も出来ればよいのですが)/羊ビジネス(北海道厚真町)/めえめえ牧場(奈良県山添村)/県営うだ・アニマルパー(奈良県宇陀市)

(3)動物牧場もある農業公園


 ②五桂池ごかつらいけふるさと村(三重県多気町)<設置・管理条例に基づき多気町が設置し、指定管理者制度によって、地元住民が運営(Wikipediaより)/ペダルボートもあり> ご案内(JR佐奈駅から徒歩20分となっている)・ご案内(JR佐奈駅から徒歩50分となっている)・ご案内(JR佐奈駅から徒歩30分となっている)

 ③信貴山のどか村(奈良県三郷町/近鉄信貴山下駅からバスで信貴山門まで15分と送迎バス5分または徒歩西数百m)<サツマイモ農園・アスレチックもあり>

 ④ブルーメの丘(滋賀県・日野町)   ⑤道の駅 アグリパーク竜王(滋賀県竜王町)


(5)山地やまち酪農
 ②事例2.jpg

 ①事例1・・・安田菜津紀さん「先頃刊行した『しあわせの牛乳』(ポプラ社)は、山地酪農を実践する中洞牧場(岩手県岩泉町)を取材した児童書です。(中略)ここは一年を通して牛が山で放牧されている日本でも珍しい牧場です。牛たちは山に生える草を食べ、出産も自然まかせ。ストレスがかからない環境で生まれ育った幸せな牛から頂く牛乳の美味しさは格別です。」(週刊新潮 18.6.28号)

(6)サステイナビリティ―(持続可能性)を目指す酪農・・・映画「山懐やまふところに抱かれてミラー


  ②(株)アグリメディア(都市と農業をつなぐベンチャー企業)
  参考:「・・・・・耕作放棄地に、月に一、二回程度通って百姓しつつ、最低限の生活の糧は手に入れ、・・・・・自活する、そんな選択が、いまよりずっと現実的になるはず・・・・・耕作放棄地は多い・・・・・。」<全文(WEBjpg



(4)森林浴森林療法森林セラピーご参照ご参照

13里山の芸術村事業

 ①室生山上公園「芸術の森」(奈良県宇陀市室生区/8ha) ・・・HP  室生山上公園芸術の森(宇陀市)自然とアートが融合.pdf  室生山上公園「芸術の森」   ふるさと元気村

 「Vision」ミラー世界体感の森

14ソーラーシェアリング
 〇「太陽光発電でめざす畜産の村再生」(福島県飯館村)(4~5万円/10アール=1320~1650万円/坪)>
16 食べたい、行きたい、体験したい、インスタ映えする、ものがあるところに、人々は遠くからでもやって来る!!

 〇里山神社  〇夏になれば必ず聴くという若い人の多い「夏影」という曲(そのⅠそのⅡ)の背景としてふさわしい風景⇒ご参考・・・この中に出てくる道路のような景観にすれば、里山の車が通る道路もいい景観になるのではないか。
 17 その他の里山保全活用事業


 その中の、TVシンポジウム「放射能汚染からのふるさと再生」(Eテレ/2018年1月14日)
  ①太陽光発電でめざす畜産の村再生.jpg 「福島の農業再生をかけた菜の花プロジェクト」(福島県南相馬市)  関連:菜の花は神さまからの贈り物「菜の花畑・・・今、市内全体で32ヘクタール。これからの3年で100ヘクタールくらいにまで増やしたい」
  ② 「太陽光発電でめざす畜産の村再生」(福島県飯館村)<→右図<クリックで拡大>は一場面」(4~5万円/10アール=1320~1650万円/坪)>
  ③ 「移住者を受け入れ有機農業の里づくり」(福島県二本松市東和地区)
  *このシンポジウムで、強調されたこと⇒「地域に人の輪を創る」「地域に経済を取り戻す」「自分で作る仕事が地域を守る(地域の持続性をつくる)」、これらを実践する人を「新しい希望の開拓者」と呼ぶ。
  *関連 : FEC自給圏構想

(4苔の里忍者村町田リス園(自治体がこんな事業をやっている事例) ・ リス園一覧

(5子供とお出かけ関西楽しい遊び場

(6)愛のふじ橋(三谷の藤橋/グリーンエクササイズ

(7)ジビエ昆虫食は地球を救う?

(8陽殖・・・参考 : 更新される庭.pdf

(9)自然植物園・・・癒しの森 たじま高原植物園(兵庫県香美かみ同公式HP 

(10生態系トラスト協会

18サステナブル(循環等による持続可能)事業であるクルックフィールズ

(1)これは、上記した事業を総合したような事業   紹介記事ミラー

(2)「目の前にあるものも、月の裏側から畑の中の弱々しい微生物までも、すべてがつながっている」をコンセプトに創設された。このような世界観を仏教哲学では縁起の法といいます。

(3)この事業は、縁起の法の実践を意図して創設されたのではないでしょうが、事実上はそうなっており、未来を切り開く事業となっています。

19WBSなどから

20】<参考

  ⑤1食450円の日替わり弁当のみで年商70




  ➀奈良高山里山研究会のHPより⇒里山保全・活用事業の事例里山保全・活用の手法

第2工区に開発がなじまない理由

(1)98(H10)年3月に第1工区にオープンしたNEC中央研究所生駒拠点(NEC関西研究所)は、14(H26)6月に「ICTを活用した高度な社会インフラを提供する(中略)社会ソリューション事業の分野で(中略)必要とされる企業としてNECが成長していくために」撤退(逆開発)した(「 」内は、NECから市への撤退通知文書.pdfより)。また、93(H5)年2月に第1工区(9区画)の基盤整備が完了してから4半世紀(25年)も経つというのに、4区画が未だに空き地である。以上でわかるように、学研高山地区には今以上の「開発」に応えるポテンシャル(力)はない。

2)<大阪駅前に広大な「森」 うめきた2期、動き出す再開発.pdf>より

 高度成長期以来の研究開発の拠点といえば、都市から離れた山林を造成し、区画整理した用地を企業に切り売りするというスタイルだった。だが、米シリコンバレーでも、中国・深圳でも、研究所にこもる従来型だけではなく、異分野の人材が集まり、交流することから新しいビジネスが生まれている。
 うめきた1期でも「知的創造拠点・交流の場」を掲げたナレッジ・キャピタルから、新しいビジネスが生まれつつある。交流の場の一つ、会費制のナレッジ・サロンは開業からの5年間に累計70万人が利用した。海外からの公式な来訪者数だけでも78カ国、366団体に上る。
 事業者は、2期に求められる機能を「知のグローバル・ジャンクション」と掲げる。交差点のような平面ではなく、国内外の人材が三次元、重層的に交流するという見立てだ。
 今まで以上に期待したいのが、関西の大学、けいはんな学研都市などの研究機関の人材と、ビジネスマン、起業家との交流、融合から生まれる“化学反応”だ。一般市民も訪れる街区を先端技術の実証実験の場にする手もある。また、更なる海外との交流にも期待したい。

(3)宅地開発やめよ.jpg

(4)度を超した開発はしてはいけない

 現在、学研高山地区第2工区まちづくり検討会が検討しているのは、「どうしても〇〇の開発をしなければならないから、どのようにすればそれが実現できるか」ではなく、「どのような開発がどのようにすれば実現できるか」であり、「特定のやむを得ない開発の手法」を検討するものではないが、「やむを得ない開発以外の開発は人間の犯す他生物に対するの犯罪」である。その理由については、この記事.jpgをご参照。

 

持続可能な農業/環境保全型農業/循環型生物共生農業

森や里の学校/冒険遊び場/森の幼稚園

森や里の学校

1)森の学校 <問いも答えも緑の中 宮崎県立五ケ瀬中等教育学校> .pdf

(2アンダンテ農園.pdf

(3)きのくに子どもの村学園 紹介報告記事⇒学校を創ろう 1~4(読むためには登録が必要です)

 

冒険遊び場

(1)冒険遊び場.(wikipedia)

(2)遊び村冒険広場ささやま紹介記事.pdf)<NPO法人 結

(3)冒険遊び場.pdf川和保育園(横浜市) ・ 日本冒険遊び場づくり協会

(4)たごっこパーク

 

森の幼稚園

(1)生駒・山の子会

 

里山の恵みとは

)コメ・野菜・果樹・きのこ(マツタケ・シイタケ)・山菜・たけのこ・蜂蜜等の農林作物 <食の安全保障機能

)花卉かき(草花)・美しい木の葉/お花見・紅葉狩り・ハイキング・山菜取り・きのこ狩り・たけのこ狩り・芋ほり・昆虫採集・森林浴・ほたる鑑賞・探鳥・星空鑑賞・森林利用レジャー・ネイチャーテーリング・野遊び遊園地・散策遊歩道・野草園・れんげ畑・菜種畑・キャンプ・飯ごう炊飯・野外バーベキュー・アウトドアクッキング・竹つる細工・草木染め・木工クラフト・森の音楽会・森の演劇会・里山カフェ・里山レストラン・ミュージアム農業・クラインガルテン・森林セラピー・土の癒し効果・里山学校・里山保育園・里山幼稚園等 <遊び保養学び育ちの場の提供

)水源涵養かんよう・土壌保全・炭素固定・大気浄化・気温調整 <環境保全機能

)生物多様性(いろいろな生きものがいることで人間もまた生かされていること) <生物多様性戦推進機能

    生物多様性戦略・・・多様な生物とのつながりの中で生かされている人類の生存持続のため、多様な生物を減少・絶滅させないこと。

その他、木竹炭・菜種油など。

資金調達

社会的投資(ソーシャルイノベーション)・・・社会課題(社会問題)解決のための事業への投資

(1)NPOや企業によるもの

  ①社会的責任投資<SRI/Socially Responsible Investment/株式や債券に対して社会性に十分配慮した投資を行おうとするが、通常の投資と同レベルの経済的リターンも求める。>

     グリーンボンド(生物多様性の保全への投資あり)はこの1種

     Environment(環境)・Social(社会)・Governance(企業統治)の3つが特に重要視されるようになった近年では、社会的責任投資(SRI)を、この3つを重視するESG投資と呼ぶようになっている(ご参照)。

  ②インパクト投資<①が金融市場で取引可能な株式や債券に限定するのに対し、非上場のそれらも含めて投資を行い、大きな社会的インパクト(成果)が見込まれる場合は通常の投資よりも低い経済的リターンも受け入れる。>

     ソーシャルインパクトボンド・・・インパクト投資の1つ

  ③ベンチャー(冒険的な企て)・フィランソロピー(人類への貢献)<VP/Venture・Philanthropy/①と②が元本の償還を前提とする投融資の形で行われるのに対し、社会的インパクトの創出を目的に、寄付金を主な収入源とする非営利組織や、事業収益と寄付が併存する社会的企業を主な投資対象とし、経済的リターンは求めない寄付や助成金といった譲渡性の資金の提供と経営支援を行なう。>

(2)寄付・・・経済的リターンは求めないで、社会問題の解決という社会的リターンを得るための投資といえる。

  〇地域創造基金.pdf<(頼まれれば寄付をする市民も多いので)市民から寄付を集めて基金とし、社会課題解決事業の財源とする。>/持続可能な地域づくりのカギとなる資金循環のしくみ.pdf<深尾昌峰ふかおまさたかさんの講演(2017.11.26/市役所4F)の内容に加筆をして作成> / お金の流れから地域と社会を変える   〇寄付白書 2017

  〇多様な寄付メニューあり・・・遺贈/大口寄付/マンスリーサポーター制度/キャンペーン型/一口館長・記念日寄付などネーミングの工夫・機会の活用/チャリティーグッズ(各団体オリジナル、JAMMINなどとの連携など)の販売/チャリティーパーティーなどのイベント実施、地域や他団体のイベント出展/もったいない系寄付(古本・衣類・不要はがき等)/募金箱/社会貢献型自動販売機・企業からの支援(協賛・社員参加・寄付つき商品・支援プログラム)/イエローシートキャンペーンへの参加(毎月11日店舗での実施)/インターネットをい利用したクリック募金/クラウドファンディング、寄付のプラットフォームの活用/「かざして募金」など携帯電話料金とあわせて/ネット募金、など。

(3)クラウドファンディング(ソーシャルファンディング)

  ①4類型ある・・・購入型(モノやサービスのお返しがある)/寄付型(お返しがない)/融資型(利子が受け取れる)/投資型(配当がもらえる/株式投資型クラウドファンディング

  ②Readyfor    ③クラウドファンディングで押さえておきたいポイント.pdfNPOのためのクラウドファンディング活用資料クラウドファンディングプロジェクト成功の書

  ③参考事例  山の中の解体処理施設ミラー

(4)ソーシャルレンディング(投資型・貸付型クラウドファンディング)

 

補助金・助成金

(1)国庫補助事業   ①農林水産省 補助事業参加者の公募  ②森業・山業創出支援総合対策事業(林野庁)

(2)県・市の補助事業   起業支援金・移住支援金生駒市地域で育む里山づくり事業補助金交付要綱.pdf


(3)民間

 助成団体による地方自治体・活動団体向け支援策一覧.pdf環境省「里地里山の保全・活用」所収の「多様な主体で支える地域の里地里山づくりより)

 宝くじ緑化事業   ③緑の募金(国土緑化推進機構)

 パタゴニアの環境助成金プログラムと支援  パタゴニアの立ち位

 

低利融資制度

(1)ソーシャルビジネス支援資金・・・日本政策金融公庫(略称:日本公庫)の資金支援と情報支援  日本公庫 ソーシャルビジネスお役立ち情報

(2)農林漁業金融公庫の低利融資   (3NPOバンク   (4)匿名組合出資(小口ファンド)

 

【4その他

1)企業版ふるさと納税企業版ふるさと納税対象事業(事業分野別)

 

】以上のような資金を集め、団体や活動の理解者・支援者など「仲間」を増やすことをファンドレイジングという

 

【6参考

(1)ナチュラルキャピタリズムと循環型流域経済圏の構築

(2)日本における社会的投資の最前線(2015.05.01)共有価値の創造(CSV)の概念の形成と課題企業のCSV推進のアプローチ方法として社会的投資の有効性ソーシャル・ビジネスとCSV(共有価値の創造)「ソーシャルビジネス」の振興と評価のあり方社会的投資が生み出すイノベーション市民性を支える「市民コミュニティ財団」の定義と役割「投資」と「寄付」。根っこは実は同じ?

(3)農業に仮想通貨技術.jpg

 

日本最大の冒険の森「Tree Picnic Adventure IKEDA」

プレスリリースミラー

ホームページ

メガジップライン

一般的な里山保全活用 参考  

SDGs(エス・ディー・ジーズ/SustainableDevelopment Goals/持続可能な開発目標) 

「第六の大量絶滅」に抗う里地里山の挑戦.pdf 

(この文章の中で引用されている文が掲載されている文章はパンデミックの背景にあるコンポイン的問題.pdf 

岡山県恵庭市 永続的発展に向けた地方分散モデル事業 

里山豆知識

20里山的な住まい

 ①映画「人生フルーツ(16 日/17.1公開)公式サイトミラー  紹介記事

 農的な暮らしがつなぐ「私たちの都市計画」ミラー

19土中環境.jpg 

18キャンプのため山購入ミラー  「山奥ニート」やってます。ミラー  人の命繫ぐ、山での営為.jpg 

17ひらひら農園(生駒市高山町)・・・duckduckgo 

16人生の楽園 

15都会っ子たちの「虫取り合宿」ミラー 

14里山ライブラリーミラー 「(里山の)自然には美術の感性を磨く美しさがある」ミラー 

13となりのファーマーミラー 

12)人を呼ぶには 

 ①有名でインスタ映えすること <例>アカオハーブ&ローズガーデン 

 ②~してみたい(食べてみたい、行ってみたい、見てみたい、乗ってみたい、など)というものがあること <例>毒饅頭 / ご当地グルメ(ごはんのおとも) 

 *上の①や②などによって熱海は復活した。 

11食と農をベースにしたソーシャルイノベーショミラー 

10縮小社会・脱成長社会・脱成長経済 

マダニについてミラー 

農業を学べjpg 

生駒の放棄林を「里山」に.pdfイベント交流サロン L'oasis -ロアジス- 

増える竹林 どう付き合う 

人口は減っても元気なまちづくり 

「産業革命以前」の未来へ―ビジネスモデルの大転換が始まる  

畿農業・農村6次産業倶楽部の取組( 農林水産省)私たちの農産物 買いませんか! 

急増する農業生産法人 

土地開発「塩漬け」13年・・・西日本新聞ミラーYahoo ニュース 

第2工区における里山保全活用事業(ビジネス)の展開案を打ち出すためのメモと、それの元になった第2工区における里山保全活用案

第2工区における里山保全活用事業(ビジネス)の展開案を打ち出すためのメモ
第2工区の里山保全活用の手法

(1)第2工区では、市有地と民有地がモザイク状に混在している。

(2)里山保全活用型公共事業は財源確保上、当初よりの推進は困難。

(3)(1)と(2)→市有地と民有地にまたがっての里山保全活用事業=里山保全活用ビジネスを保全活用の主体とし、それが推進できない区域では、里山保全活用活動、それもできないところは遷移誘導型管理をおこなう。


(4)里山保全活用事業=里山保全活用ビジネスを展開することで地代等というかたちでその収益を地権者に分配・還元でき、地権者被害※(所有地を有効に用益・処分できないこと)を解決に導くことができる。すなわち、この事業(ビジネス)の展開で、これまでの第2工区の里山保全をめぐる論議の中で打ち出されてきた第2工区における里山保全3条件をクリアできる。

  ※地権者被害:所有地を用益(それを用いて収益を得ること)や処分(売買・貸与)できないこと

 

第2工区における里山保全活用事業(ビジネス)の展開案の元になった、第2工区における里山保全活用案

パンフ「第2工区(奈良高山里山)の保全活用について」

本文.pdf 簡潔版.pdf
別紙

   「冒険の森事業」の<具体例>木登り自然体験(ツリーイング).pdf冒険の森/pdf

   「里山(自然」)遊園地/冒険遊び場」の<具体例>自然遊園地(引きこもりの若者たちが里山遊園地整備).pdf冒険遊び場.pdf

   「ながいながいすべり台」の<具体例>ながいながいすべり台.pdf 

   「里山ガーデン事業」の<具体例>花しょうぶ園(花の郷 滝谷花しょうぶ園).pdf  

   「里山公園事業」の<具体例>里山ガーデン/国営“あいな里山公園”.pdf

   「都市型農業経営事業」

     ①有機農法・自然農法・自然栽培・不耕起栽培で作った農産物の宅配・里の駅等での直販
     ②小規模農業の<具体例>小規模農業(都市型農業の新たな形).pdf
     ③付加価値の高い農林産物の製造販売事業の<具体例>付加価値の高い農林産物の製造販売事業.pdf
     ④養蜂の<具体例>ソーシャルファーム養蜂/pdf

   「マツタケ山経営事業」の<具体例>アカマツ林とのお付き合い.pdf丹波新聞 出た!!マツタケ.pdf

   「酪農・牧場事業」 の<具体例>エミュー牧場の紹介記事.pdf

  〇高山溜池から高山里山に伸びる水路( <『生駒市誌』所収図を基に作成されたもの)
添付
  第2工区のゾーニング」(素案).pdf・・・地形図.pdf  植生図.pdf ・ 航空写真 を見て、 奈良高山里山公園(素案)も参考にして、どんな事業が、どの地形を利用して、また、どの地形に応じて、どの区域で展開できそうだということを示したもの。
       地形図・・・等高線が密な部分(黒っぽい部分)が山稜、山稜と山稜の間が谷、等高線が粗い部分(白っぽい部分)が平地。
       植生図・・・黄色部分が水田、休耕田、耕作放棄地、元水田で、つまり平地。一方、緑部分が樹林、つまり山稜。

里山保全活用事業=里山保全活用ビジネス 

里山の保全活用とは

(1)保全するとは・・・開発はしないで、同時に荒廃も防ぐこと。


     開発しないとは・・・地形の改変(山を削り、谷を埋めること)をしないこと。道路は、新設しないで、既存のものを舗装しないで活用する。それを適正に拡張するのは構わない。伐採は、地形の改変ではないので構わない。むしろ、伐採するのが里山保全になる。

(2)活用するとは・・・里山の恵みを生かし、享受すること。里山の耕作放棄地の有効利用も含む。
         

里山保全活用の手法

(1)あまり手を加えないで保全活用する・・・遷移せんい誘導型管理


     これは、順調な遷移(里山が原生林に戻っていくこと)を阻害するツルの繁茂等を排除する程度の管理を加え、あとは自然の遷移にまかせることで生物多様性を維持し、その恵みを享受する手法。

(2)人力により手を加えて保全活用する・・・里山保全活用活動

(3)最小限の機械力により手を加えて保全活用する

 ①里山保全活用型公共事業  ②里山保全活用(型)事業=里山保全活用(型)ビジネス


 

里山保全活用(型)事業=里山保全活用(型)ビジネスとは

(1)里山を保全活用することで適正(適度)な利潤(収益)を獲得する事業(ビジネス)・・・自然共生(非開発)型ビジネスともいう

(2)社会課題解決型事業(社会課題解決型ビジネス/ソーシャルビジネス)の1つで、里山ビジネスともいう。

    社会課題解決型事業(ソーシャルビジネス)とは
     ①社会課題(社会問題)の解決を目的とした事業(ビジネス)   参考 : サステナビリティ経営(社会の持続可能性に配慮した経営)ミラー

(3)里山資本主義の実践。里山資本主義とは、巨大資本ではなく地域資本(地域のお金・人材・資源)が地域経済(地域の人々の幸せのために人材・資源が活用され地域でお金が循環すること)を動かすこと。

(4)地権者被害(所有地を有効に用益・処分できないこと)の解決と里山の保全(自然破壊の防止)の両立を実現するもので、また、行政にとっても地域経済循環率の向上や税収と雇用の増大をもたらす歓迎すべきものであり、地権者・市民・行政の3者にとって喜ばしい、CSV(Creating Shared Value/共通価値の創造/三方よし)の事業手法である。
   公益資本主義の理念<株主の利益のみを優先するのではなく、顧客・取引先・地域社会などの利害関係者(ステークホルダー)全般への貢献を重視する>と共通する理念(共通価値の創造)の実現をめざすものといえる・・・みんなを幸せにする「公益資本主義」とは何か

(5)コミュニティビジネスの実践。コミュニティビジネスとは、利益を追求することにより社会貢献をすることになる事業ではなく、事業自体が「地域社会のニーズを満たす有償の事業」のこと。

(6)地域資源活用事業の実践ともいえるのではないか。

(7)「“自然”をビジネスに生かす新発想」の実現化ともいえる・・・「“自然”をビジネスに生かす新発想」 (ルソンの壺~4月号~)<NHK/18(H30).4.29>」ミラー役立ちポイントメモ.pdf

(8)「春の山は、花が咲いてまるで山が笑っているようなので『山笑ふ』と言います。夏は、緑が茂って濃くなり緑が滴るようなので『山滴る』。秋になって、紅葉して美しく染め上がった山を『山粧(よそお)ふ』。そして、冬に木々が葉を落として静かに眠りについた山を『山眠る』と言います。日本人は、山と一体になって暮らしてきたことがよく分かります。そこには、自然という大きな命の流れがあって、その一部として人間があるという自然観があります。」(この記事ミラーより)ーーーかかる日本古来の自然観を尊重した(つまり、自然をないがしろにしない)事業といえる。


(9)<・・・・・今の時代はあまりにもものが増えすぎて、便利になりすぎて。欲望に従って世の中が動いている。それぞれのものの価値や尊さが、失われてしまっている。・・・・・私たちの願いは「自然のものに対する畏敬(いけい)の念を持ちながらお仕事をしていただきたい。それをお伝えしたい」ということなんです。・・・・・今の世の中で、自然の命をいただきながらものを作るということは、希少価値ですよね。それを続けていってくださる若い人が一人でも多くいることが、私の願いです・・・・・。>(染織家 志村ふくみ/語る 人生の贈りもの 志村ふくみ より)ーーーかかる自然の命をいただきながらものを作るという(つまり、自然をないがしろにしない)事業といえる。

(10)鎌倉資本主義の実践 <鎌倉資本主義を実践することで、生駒資本主義(鎌倉資本主義の生駒バージョン)を構築しよう!>
      鎌倉資本主義・・・「地域経済資本-財源や生産性」「地域社会資本-人のつながり」「地域環境資本-自然や文化」の3点をバランスさせるという概念(ご参照



支援制度等

(1)国

(2)県・市

 ①奈良県高齢者生きがいワーク支援事業   ②農地活用推進事業補助金(青年新規就農者と遊休農地活用事業新規利用者に対する補助金)

資金調達

事業形態


人材確保





【9参考






(6)デザイン思考(デザインシンキング)<デザインシンキング・・・失敗を恐れずなるべく多くの仮説=試作品(プロトタイプ)を作る。ユーザーにヒアリングし壊しては造り直す作業を重ね、最善策に絞り込む手間をかける手法>




里山資本主義

生駒の、その里山の未来!(藻谷浩介氏講演会の資料)

里山資本主義

 

将来的な市の財政負担 

橋梁長寿命化修繕計画

公共施設等総合管理計画

 

第2工区まちづくり検討有識者懇談会     

              市のHPの懇談会のページ

第6回<17(H29). 8. 1> 

 (1)次第.pdf会議録.pdf

 (2)当日資料 ①資料1 学研高山地区第2工区まちづくり案  ②資料2 学研高山地区第2工区まちづくり案 別冊資料

第5回<17(H29). 6. 8>

 (1)次第.pdf会議録

 (2)当日資料  ①資料1 高山東西線等のルート検討.pdf  ②資料2 高山地区第2工区土地利用ゾーニング素案(案).pdf  ③資料3 事業化に向けた検討課題と検討の方向について.pdf  ④資料4 今後の取り組みイメージ(案).pdf

【4第4回<17(H29). 4.13>

 (1)次第.pdf会議録.pdf

 (2)当日資料  ①資料1 議論の流れとまちづくり検討案のイメージ.pdf  ②資料2 学研高山地区第2工区の土地利用の方向性について.pdf  ③資料3 交通ネットワーク形成のあり方について(案).pdf  ④参考資料1 現況写真.pdf  ⑤参考資料2 平成18年度高山地区第2工区運土計画図.pdf  ⑥参考資料3 平成21年度高山地区第2工区運土計画図.pdf

【3第3回<17(H29). 2. 8>

 (1)次第.pdf会議録.pdf

 (2)当日資料  ①資料1 北田原地区の現状等について.pdf  ②資料2 交通ネットワーク形成のあり方について.pdf  ③資料3 農業振興地域制度について(参考).pdf  ④資料4 学研高山地区第2工区の土地利用について.pdf  ⑤資料5 土地及び所有者の状況について.pdf  ⑥参考資料1 関西文化学術研究都市開発計画.pdf  ⑦参考資料2 交通ネットワーク現況.pdf  ⑧参考資料3 環境省里地里山パンフレット.pdf

【2第2回<16(H28).11.17>

 (1)次第.pdf会議録(要旨).pdf

 (2)当日資料  ①資料1 第1回懇談会会議要旨.pdf  ②資料2 高山地区第2工区の役割.pdf  ③資料3 他地区の事例紹介(岸和田市丘陵地区)  ④資料4 第2工区土地利用の方向性1 研究開発型産業施設等の導入について.pdf  ⑤資料5 同2 居住機能の導入について.pdf  ⑥資料6 同3 自然環境の保全と農の導入について.pdf  ⑦資料7 交通ネットワーク形成のあり方.pdf

第1回<16(H28). 8.18>

 (1)次第.pdf会議録(要旨).pdf

 (2)当日資料  ①資料1 懇談会開催要綱.pdf  ②資料2 第2工区の現状と課題について  ③資料3 過去の土地利用検討図.pdf  ④資料4 学研高山地区第2工区の将来のあり方.pdf  ⑤資料5 今後の進め方について(案).pdf  ⑥別冊資料 現地視察ルート案内図.pdf  ⑦別冊資料 都市計画図.pdf  ⑧別冊資料 立地施設状況図.pdf

【*】懇談会開催要綱.pdf参加者名簿.pdf

学研高山第2工区 都市計画道路 高山南北線 経過 

98(H10).10.10 住宅都市整備公団(現UR)が『宅地開発案』(第2工区開発1st案)<高山南北線の南端は真弓芝線に接続する大学院大学の西端を通る道路と接続していた>を作成(第2工区開発問題の起点)。

99(H11).11.22 地元説明会で都市計画道路当初案.jpgPDF版)<高山南北線は真弓芝線と接続していた>が示された。

02(H14).6.9 大和都市計画道路の変更案に関する説明会(上中学校体育館/14時/市民の参加者は、約270人) : 報道記事.pdf<この記事記載の大和都市計画道路の変更案では高山南北線は大学院大学の西端を通らず真弓芝線に接続せず>

02(H14).6.11 大和都市計画道路の変更案の縦覧(~.25)

          市民による意見書提出数 : 知事には21件、市長には20件  市長に意見書を提出した人 : 仲之町住民1人・真弓2丁目住民1人・鹿ノ台西2丁目住民1人・白庭台1丁目住民2人・白庭台3丁目住民1人・上町住民1人・北大和自治会京阪奈新線総合対策特別委員会(6人)・北大和3丁目住民1人・高山町住民3人・あすか野北1丁目住民2人・あすか野南1丁目住民1人・あすか野北2丁目住民2人・小平尾町住民1人・辻町住民1人・門前町住民1人 (北大和3丁目住民が提出した意見書.pdfは、将来に渡って高山南北線は真弓芝線に接続する大学院大学の西端を通る道路と接続させないことを求めていた。なお、北大和自治会京阪奈新線総合対策特別委員会の意見書は、真弓芝線・押熊真弓線の交通渋滞の悪化防止・緩和を求めていた。)

02(H14). 7. 8 市都市計画審議会 : 大和都市計画道路の変更案を市の原案通り可決。

02(H14).7.12 県都市計画審議会 : 大和都市計画道路の変更案を県の原案通り可決。

02(H14).08.30 都市計画道路告示:都市計画道路決定案.pdfJPG版→右図<クリックで拡大>)H140830_3高山南北線は真弓芝線に接続せず

06(H18).11.14 UR(都市再生機構)が『手直し(縮小)案 』<第2工区開発2nd案>を公表(作成は05.08.10)<この案では、高山南北線は大学院大学の西端を通らず真弓芝線に接続せず>。

07(H19).03市は 『市作成縮小案』<第2工区開発3rd案>(公表は07.06.15)をURに提出<この案では、高山南北線のルートは不明>。

07(H19).07.13 URは学研高山地区第2工区の宅地開発中止を発表。

08(H20).06.18 これ以降9回の、3者(県・市・UR)による「高山地区第2工区開発計画見直しプロジェクトチーム」(略称「PT」)会合開催。

08(H20).10.10 パブリックコメント<建設計画(奈良県域)の変更(案)」に対する意見の募集>(~.11.10)<この変更案では大和都市計画道路の決定案の通り、高山南北線は大学院大学の西端を通らず真弓芝線に接続しないように変更されていた> : 住民より5つの意見が提出された(そのうちの1つ.pdf)  意見に対する県の考え(公表期間:08.12.4~09.1.05)

09(H21).02.19 PTは第2工区のまちづくり 中間とりまとめ』<第2工区開発4th(PT)案>4rdptpt_3 道路配置案<JPG版>道路配置案<PDF版>→右図<クリックで拡大>)を公表<この案では、高山南北線は真弓芝線に接続している>。

09(H21).03. 2 建設計画(奈良県域)の第3回変更道路配置図.pdf)を政府同意<高山南北線は真弓芝線に接続しないように変更された 

~高山南北線は、①都市計画決定・②建設計画(奈良県域)では真弓芝線と接続していないが、③〔市も参加して作成された〕第2工区のまちづくり 中間とりまとめでは真弓芝線と接続していた~

09(H21).06     北大和自治会は県に要望書.pdfを提出(同内容要望書を市にも提出)<要望書は、高山南北線を真弓芝線に接続しないよう求めていた>。

10(H22).02.18 県は『第2工区のまちづくり 最終とりまとめ(案)』<第2工区開発4th(県)案>を公表<この案でも、高山南北線は大学院大学の西端を通り真弓芝線に接続していた>(なお、この案は県・市・URの者協議のため県が作成したものであり、3者で合意したものではない)

10(H22).04.26 開発案をめぐって県と市には対立点があり(10.02.26の市議会北部地域開発特別委員会に提出された資料:調整すべき主な項目等に関する県・市の主張)、以後、3者協議が続けられた

10(H22).09.07 県は『学研高山第2工区まちづくりについて(県提案)』<第2工区開発5th案>を発表<この案でも、高山南北線は大学院大学の西端を通り真弓芝線に接続していた>。なお、市はこれは県から市への正式な提案ではないとした。

10(H22).09.15 市は、議会北部地域開発特別委員会で「学研北生駒駅周辺まちづくり案」を公表。その説明資料⇒①市都市計画審議会(10.8.4)で配布した説明用資料のP.2~4・6~7 ②市都市計画審議会(10.11.29)で配布することになる説明用資料のP.1~7(学研北生駒駅周辺の要望内容に伴う土地利用予定合成図を含む)

10(H22).10.20 突然県は、県提案を取り下げ、第2工区まちづくりの検討を中止すると発表

12(H24).2.24 市は第2工区にリニア駅を誘致すると発表。

13(H25).3.13 市は議会都市建設委員会(13.3.13)で、学研北生駒駅周辺まちづくり案に関連して、高山地区・京阪奈新線関連都市計画道路.pdfJPG版)のうち学研北生駒駅周辺の3つの都市計画道路(駅西線・高山南北線の北生駒駅周辺部分・西口駅前広場)の見直しをすることを表明。

 

掲載済み資料

私有の公共化.jpg

 

無料ブログはココログ